スモウデッドリフト対策

今日は背中と腹の筋トレ日でした.

前回スモウデッドリフトでしくじっているため,今回はかなり慎重に進めました.具体的には,インターバルを少し長めにとり,途中で水分を補給しておきました.おかげでノルマとしていた10回3セットをクリアしましたが,最終セットで握力が足りなくなって右手が震えてしまいました…落としたらオワリなので問題大有りです.

対策として,これまでスモウデッドリフトは6番目の種目でしたが,より疲労が少ない時に行うべく1つ繰り上げることにします.また,これまでベントオーバーロウの亜種とみなしていたドリアンロウを正規種目に繰り上げることで,次のメニューに更新します.

  1. Wバー・ベントオーバーロウ × 3
  2. Wバー・ドリアンロウ × 3
  3. デッドリフト × 3
  4. トライセプスバー・ベントオーバーロウ × 3
  5. スモウ・デッドリフト × 3
  6. ワンハンド・ベントオーバーロウ × 4 (片手ずつ交互に)
  7. ツイスティング・クランチ × 3
  8. トライセプスバー・プッシュクランチ × 3

上記メニューでもスモウに問題があれば,デッドリフトを入れ替える手もありそうです.ノーマルスタイルでは握力での問題は生じないので,単純にスモウスタイルに慣れていないのかもしれません.なお,デッドリフト関連で興味深い記事を見つけたので紹介しておきます.

スモウvsコンベンショナルデッドリフト徹底比較!どちらを行うべきか?

また,エクスターナル・ローテーションを止めることにしましたが,この理由は鍛え方を間違えていたことに気がついたからです.肘を固定するのが正しいフォームなのに,これまで動かしまくっていたのですよね.また,この種目は球技に取り組んでいる方には良さそうな一方で,体づくりを主目的とする私にはあまり意味がないかなと思ったのもあります.

広告